-

自動車重量税、別名重量税は、日本の車もしくはイタリア車という自動車の生産国や四輪駆動車、ワゴン車など車のタイプも例外なく、たとえばトヨタや等にも一般的に納付が必要な税金です。シースリー

新車登録の際、あるいは車検に出す場合に納税が必要になる税です。12月バイト 短期

税額は車のウエートで決められています。ひどい便秘 解消

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違うものですから、混同しないようにしましょう。布団クリーニング比較

「自動車重量税という税金はクルマのウエート毎に」「自動車税というものはクルマのリッター数で」税額が異なります。

そして買取する時の待遇も違ってきますので、注意しなければなりません。

クルマを買い取ってもらう時には既に支払った自動車の税額がどれだけ残っていたとしてもその額が戻ってくることはないのですが、一方で、自動車税の時は支払った残存税額を売却額に乗せてくれるといった場合がありますが重量税に関しては足されるケースは全然ないのです。

重量税については車を手放すときに支払い済みの税額があるからと言って車業者側でそれが忖度されるケースはほとんどないと思います。

ですのでその次の支払い分かりやすく言えば次の車検まで処分を待ち売るということが最も良いと思います。

中古車の買い取り時は考慮していただけないのが重量税ですがある条件の事例では還付される可能性があります。

それは、車検期間が残ったままの愛車を廃車にする際です。

要するに、廃車登録をした時に残っている車検期間に従って税金が返ってきます。

しかし車の買い取り時はその中古車が廃車されるのとは違うので還付されません。

それに、愛車の名義の変更をしてしまったケースや、盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている期間がある愛車を手放すイコール、要は車検期間が残っている自動車ということです。

買取側も考慮しますので、自動車重量税が残存していれば、買取額が上乗せされるはずです。

当然、売却額は業者によってまちまちなのですが車検期間がまだあるということを考慮していただければクルマの売却額からみるとあまり払い損ということもありません。

Category

リンク