-

カードキャッシングについての支払い方式は、ローン会社によって差異がありまして、いろんな方式が導入されております。レモンもつ鍋

一般的なところではスライド法やリボ法などが選択されているようです。マカ&クラチャイダム12000

またかくのごとき誰もが知ってるリボ払いでも、本当のことを言うと算定形式にはいろんな種類というものがあるのです。刑殺

したがってその方式により支払総額が違ってきてしまいますので知ることで損をするようなことはないでしょう。

しからばわかりやすくこれらの手法の違いを解説します。

一つ目は元金均等払い次は元利均等払いです。

それぞれその名のとおり元金に関して均等にして払っていくという方式と元金と利息についてをつごうで均一に支払っていくという様式になります。

ここではもし10万円カードキャッシングしたと仮定して、実際のところどういう算出をするかみてみます。

利率を双方とも15%というように計算します。

それとリボルディング払の支払額を1万円というふうに試算します。

先ずは元金均等払いからです。

かようなケースのはじめの返済については1万円に利息分1250円を加算した引き落とし金額となります。

その次の支払に関しては1万円へ利率分の1125円を合計した支払額になります。

こうして全部で10回で引き落しを済ませるという手法になります。

一方、元利均等払いははじめの返済は1万円ですがそこから元金に8750円利息に1250円といったようにして割り振りをします。

次回の支払については元本が8750円へと減少した状態にて利子を計算し1万円から再び割り振るのです。

別のことばで言えば、元利均等払いのケースは10回で支払が終了しない算出になってしまいます。

こればかりの違いで両者がどれぐらい変わっているのかが十分にわかったでしょう。

元利均等というものは元金均等に比べてはっきりともと金が減少するのが遅延しているといったマイナス面といったものがあったりします。

別言すれば利子というものを多く支出するというようなことになります。

一方、1度目の返済が些少な金額で済んでしまったという強みも存在したりします。

斯うした返済方式などのずれに呼応して引き落し合計金額というのが異なってきたりしますから自身の計画に応じた使用法を採用するようにしてください。

Category

リンク