-

いよいよ売買する時という場合では、まずは事前対策をしなくてはいけません。

トレードを始める前であったならば場面を合理的に調べる事のできる余裕がある。

だけれども、ひとたび取引の内側へ深入りすると物の見方が主観的になる場合があり、重要な時に冷静な判断を下せなくなる不安があります。

その分頭の中が合理的な状況でしっかりと準備が不可欠です。

この”j事前準備”のためには、はじめは己のシナリオを作る事から行います。

今後の為替相場はああだから円を取引するみたいなあなただけのストーリー展開を考えていきます。

次に大事なのは相場をチェックしよう。

以前のマーケットの上げ下げを確認して、今の値動きを見ます。

そうすれば、「現在は結構偏った段階になっているな」とか、他には「すでに大方の方々が取引しているからこれから先しかけても今はもうなすすべがない」ということが分かってきます。

当然、エントリーするのがやりようがないと思ったら、仕かけないで、それはすっぱりと割り切ることが肝心。

台本を譲らずに無理やり新規エントリーするとマーケットにやられてそればかりかマイナスになりかねない。

とは言っても大体の状況で、準備が出来ている台本を作っておくと、取引が遅いなという場面にはならないだろう。

実際に市場が動意づく前のはずだから。

次は、まずはあなたが売買しようと考えている通貨ペアの推移を、正確に見る事が不可欠です。

円安に向うと推測するシナリオを作成したのであれば、該当する外貨の上げ下げに注目する事が大切です。

相場の変化をチェックし始めた場面ではその外貨は分かりやすく推移する素振りを見せることなく、上がったり下がったりちょっとした動きを繰り返しているだけでしょう。

でも、その変動をちゃんと確認していると、ある場面でドル高へと変動し始めます。

そこでやっとドル円の取引します。

普通、そこまで準偏をしておけばそのトレードで儲ける確率は高まるはずだ。

Category

リンク