-

免責不許可事由という意味は破産手続きをする人に以下のようなリストに該当するならば債務の免除を受理しないというような線引きを示したものです。ハーブガーデンシャンプー

ということは、極端に言ってしまうと返すのが全く行えないような場合でもこの事由に含まれるならば借金のクリアが受理してもらえないことがあるということになります。

つまりは自己破産手続きを出して免除を必要とする人にとっては、最大の難関がいまいった「免責不許可事由」ということなのです。

次は要となる不許可事由の概要です。

※浪費やギャンブルなどで、過度に財産を費やしたり、過大な負債を負ったとき。

※破産財団となるべき資産を秘密にしたり破損させたり、貸方に損害が出るように処分したとき。

※破産財団の負担額を悪意のもとに増大させたとき。

※自己破産の原因を有するのに債権者にある種の利権を与える意図で金銭を提供したり弁済前に債務を返したとき。

※前時点で返済できない状況にあるのに、現状を伏せて貸方をだまして上乗せして融資を求めたりクレジットカードなどを使用して物品を購入した場合。

※偽りの債権者名簿を提出したとき。

※借金の免責の手続きの過去7年のあいだに借金の免除をもらっていた場合。

※破産法が求める破産申告者の義務に違反するとき。

以上ポイントに該当しないのが要件と言えるものの、この8項目だけを見て詳しいケースを考慮するのは十分な経験の蓄積がないようなら困難でしょう。

さらにまた、厄介な点は浪費やギャンブル「など」と記載していることからも分かるのですが、ギャンブルとはいえあくまでも数ある中のひとつで、ギャンブル以外にも述べられていないものが星の数ほどあるんです。

例として述べていないことはひとつひとつの例を指定していくと限度がなくなり具体的な例を書ききれないときや以前に出された裁判によるものが考えられるため、個々の申告が当たるのかどうかは普通の人にはなかなか判断がつかないことの方が多いです。

いっぽうで、自分が事由に当たっているなどとは思ってもみなかった人でも不許可の判決を一回出されたら判断が変えられることはなく、負債が消えないだけでなく破産者となる社会的立場を7年にわたって背負い続けることになるのです。

だから、このような絶対に避けたい結果にならないために、破産宣告を選択するときに判断ができない点や分からない点があるようでしたらまずは弁護士事務所に声をかけてみて欲しいと思います。

Category

リンク