-

免責不許可事由とは破産が出された人を対象に、これらの条件にあたるならばお金の免除は受け付けませんという原則を指したものです。ベルタ葉酸サプリ

ということは、極言するとすれば完済が全く行き詰った人でもこの事由に含まれている方は債務のクリアが認められないこともあるということになります。東京美容外科

つまりは手続きをして債務の免責を取りたい人にとっての最後にして最大のステップが「免責不許可事由」ということになるわけです。カーテンファクトリー

これらは主だった内容のリストです。ライザップ 横浜東口

※浪費やギャンブルなどで極度に金銭を減じたり、膨大な債務を負ったとき。KM新宿クリニック

※破産財団に含まれる資産を隠匿したり、破棄したり、貸方に損害が出るように処理したとき。アヤナスBBクリーム

※破産財団の負担を意図的に増大させた場合。パーフェクトフロアーズ

※破産宣告の責任を負うのに、それらの債権を持つものに特別となるメリットをもたらす意図で担保を提供したり、弁済前に借り入れを弁済した場合。Lens King(レンズキング)

※前時点で返済できない状態にあるのにそれを偽り債権者をだましさらなるお金を借りたり、クレジットカードを利用してモノを決済したとき。ベルタプエラリア

※虚偽の債権者の名簿を裁判所に出したとき。アコム

※借金の免除の申し立ての前7年間に返済の免責を受理されていた場合。

※破産法が求める破産者の義務を違反するとき。

上記の8点に含まれないのが免除の要件とも言えますがこれだけで実際のケースを想像するには、多くの経験がなければ簡単ではありません。

さらにまた、浪費やギャンブル「など」とあることからも分かるように、ギャンブルといってもそれ自体例としてのひとつというはなしでそれ以外にもケースとして挙げられていないことが非常に多いんです。

述べられていない状況の場合は、各場合のことを言及していくときりがなくなってしまい実際例として挙げられなくなる場合や以前に出た実際の判決による事例が考えられるため、それぞれの事例がその事由に該当するのかどうかは法律に詳しくないとちょっと判断できないことの方が多いです。

でも、まさか自分が免責不許可事由に該当するなんて思ってもみなかったような時でもこの判断をひとたび下されたら判定が覆ることはなく、借金が消えないばかりか破産者であるゆえのデメリットを7年間も受けることになるのです。

だから、この悪夢のような結果に陥らないためには破産申告を考えている際に多少でも分からない点があるときは、どうぞ破産専門の弁護士に相談を依頼してみてください。

Category