-

現実にノートPCの前でつねに上がったり下がったりしている為替レートを見てしまうと、トレードをせずにはいられなくなるという感情が生まれる事も多いと思います。でも、漠然とした考えでトレードすることは、決してしてはいけません。ご存知の通り、市場は24時間どういう時でもどこかで市場はオープンしているし為替レートもいかなる時でも変動しています。とは言っても、立て続けに売り買いを積んでいくと、その回数だけ損失が生じる率が上がります。当然、トレードの回数を積む事で少しずつ勝利する確率が五分五分になるのは周知の通りです。でもこの事実は「はっきりしない直感でトレード」することとは別の問題です。売買回数を増やす事の意味は自分で「ここだ!」と考え付いた確信を得た状況での売買回数を重ねるという事を言っています。格段の理由がなく、ひっきりなしに注文をするのとは違います。為替相場の勝負に勝利するためにはメリハリをつけることが重要です。「ここは!」と思えた為替相場の時にはいっそ所有ポジションを積み増して徹底的に利益を追求する。「かなり分からない外国為替相場でどう上下するのかわからないな」と感じた時は潔く諦めて保持ポジションを全部諦めて黙っています。それぐらいのメリハリをつける方が、結果的に売り買いは儲けられます。外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。本当に言葉どおりです。FXとは常にポジションを持つことが全部ではなく、どれも保持せずじっと待っている事も事態によっては、相場です。じゃあ、どういった時に休めばよいのだろうか。最初に考えられるのが、前に述べたように、直近の外国為替市場が曖昧で分からない時です。これから高くなるのか安くなるのか見通せない時は、考え無しで行動すると、自身で作った筋書きとは逆の方向に外国為替相場が向ってしまい、損失を被ることになる。だから、そういった状況ではポジションを0にして、何もしないで静観しているのが唯一出来る事です。もうひとつの場面は、己の体の状態が変なときです。体の具合と相場に関係がない考える人もいるでしょうが現実には考えている以上に関係があります。体調があまりよくなければ、為替相場の大事な局面で正しい決断が出来ない場合があります。気乗りがしない時は相場から遠ざかる事も重要な事です。

Category

リンク